すしむらさきのオーロラベール

ダブルバトルについてダラダラと

バトルレジェンド反省記事

バトルレジェンドお疲れ様でした。

バトルレジェンドで使用した構築と反省点をメモ程度にまとめます。

 

使用構築

f:id:murasaki5682:20201019120756j:image

コンセプトは誰もが一度は考えたじならし保険ソルガレオです。残りのポケモンは適当に採用しました。

結果は13-5で最高1686最終1653でした。

 

個体紹介と反省点

ソルガレオ

陽気AS@弱点保険

メテオドライブ/サイコファング/インファイト/まもる

タイプと数値は無難に強かった。

インファイトは絶対違った。役に立ったことがない。じしんなら2試合拾えてた。

 

バンギラス

意地HA@命の珠

いわなだれ/うっぷんばらし/馬鹿力/まもる

ドリュウズをすなかきっぽく見せる且つ対晴れ要因。

鋼タイプやウーラオスが多く動き辛かった。

馬鹿力は多分違う。

 

ドリュウズ

陽気AS@こだわりスカーフ

10万馬力/アイアンヘッド/じしん/じならし

保険起動要因且つ終盤のお掃除担当。

ドリュウズの通りは良かった。

こだわってることもあって動き辛かったがコンセプトなので仕方ない。

ソルガレオを巻き込むと普通に痛い。

 

ドラパルト

陽気AS@気合のタスキ

ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/そらをとぶ/まもる

とりあえず入れとけ枠。

タスキが砂で潰れる。

ダイマックスできないと弱い。

ダイマックスしても火力がない。

 

トゲキッス

図太いHBベース@リリバのみ

マジカルシャイン/熱風/このゆびとまれ/まもる

ドリュキッスでじならしダイジェットできるじゃんと思ってたら色々おかしくなってた枠。

もともとは臆病CS@タスキで考えていたのに突然ドラパルトに持たせ始めたせいでよくわからなくなった。多分ザシアンへの行動保証とか考えてたんだと思う。

どう考えてもCSタスキにすべきだったしリリバならあくびが欲しい。

 

ガオガエン

意地HA@オボンのみ

フレアドライブ/DDラリアット/ねこだまし/すてゼリフ

とりあえず入れとけ枠その2。

伝説ポケモンがいる環境でHだけしか耐久に回してないのは流石にふざけている。

ザシアンのインファイトで乱数で死ぬ。

炎タイプなのに大体の鋼タイプに負ける。

 

構築全体の反省点

・ザシアンが無理

ドリュウズソルガレオの並びでしか勝てない。環境トップメタと予想されたポケモンに勝てないのは欠陥すぎた。

・鋼タイプへの打点不足

エースをソルガレオにする都合上、鋼タイプが重くなるのはわかりきっていたことなのにパーティー全体で鋼タイプへの対策が薄かった。負け試合の4/5が鋼タイプの伝説ポケモン入り(ザシアン2ソルガレオ1黄昏ネクロズマ1)。

・素早さ操作手段の不足

トリックルームや追い風を使われるとかなり窮屈な立ち回りを強要された。特に追い風軸がきつい。構築にまもるが多く採用されていたおかげでなんとかなっていたがそれでもエルフーンファイアローに一回ずつ負けている。

 

終わりに

今回のバトルレジェンドでははじめての禁止伝説ありルールということで、完全に考察不足で構築も上手くまとまりませんでした。今回の経験を生かしてこれからの環境の対戦も頑張りたいです。

ここまで閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【剣盾ダブルS10最終62位】こごかぜゲンガービートダウン

S10お疲れ様でした。煮詰め切れていないところもありますが目標にしている最終2桁を達成できたので簡単な記事を書きました。

f:id:murasaki5682:20201001213523j:plain

 

シーズン結果

TNむらさき レート1935

57勝27敗

f:id:murasaki5682:20201001213728j:plain

 

構築経緯

S10は先制追い風ができるエルフーンに加え、ドラパルトやエースバーンなどの高速ダイジェット使い、フシギバナドリュウズのような高速天候エースの使用が禁止された環境なので凍える風による素早さ操作が強力と感じたところから構築を組み始めた。まずは使い慣れたアローラキュウコンを軸にすることにした。こごかぜキュウコンには中速の水タイプが相性が良いことは経験上分かっていたので続いてCSアシレーヌを採用、次にこごかぜの恩恵を受けることができてアシレーヌの苦手なポケモンに強そうなストリンダーを採用。残りはアシレーヌが速い個体であることを悟らせないようにサマヨールを、トリル対策ができていい感じの並びになるナットレイを、最後にウーラオスを突っ込んだ。シーズン中盤でキュウコン猫騙しで動きづらいこと、素早さが微妙に足りないことからゲンガーに変更して構築が完成した。

 

個体解説

ゲンガー

f:id:murasaki5682:20201002193018j:plain

特性:のろわれボディ

持ち物:気合の襷

性格:臆病

技構成:シャドーボール/ヘドロばくだん/凍える風/挑発

135-*-81(4)-182(252)-95-182(252)

備考:キョダイ個体

構築の軸になるポケモン

基本的にはこごかぜ+範囲技で相手を削って後発につないでいくが暇な時は高火力の一致技をばらまいていく。

挑発は申し訳程度のモロバレル耐性。

何度かダイマックスしたが絶対にダイホロウの方が強いと思う。

ほとんどの対戦で選出した。

 

アシレーヌ

f:id:murasaki5682:20201002193036j:plain

特性:うるおいボイス

持ち物:神秘の雫

性格:臆病

技構成:ハイパーボイス/マジカルシャイン/ハイドロカノン/まもる

155-*-95(4)-178(252)-136-123(252)

構築の軸であり地雷枠。

もともとは準速だったがS−1テラキオンが抜けないことが気になって最速に変更した。

ムーンフォースの単体打点ではなく削りを優先してマジカルシャインを採用。

ハイドロカノンダイマックスした時用だが素でも普通に使った。

素早さを伸ばしてるからダイアタックでS関係逆転できるじゃん!と思っていたがそんな機会はなかった。 

耐久に振っていないので物理相手には丁寧に扱う必要があった。

 

 

ナットレイ

f:id:murasaki5682:20201002193054j:plain

特性:鉄のとげ

持ち物:オッカのみ

性格:勇敢

技構成:ジャイロボール/パワーウィップ/ボディプレス/まもる

175(204)-160(252)-151-*143(52)-22

備考:最遅

アシレナットサマヨの見た目とトリル対策を担当する。

ポケモンHomeにいた過去作のナットレイを使ったので数値に無駄がある。ウーラオスインファイトの乱数が変わるので普通にHぶっぱでいい。

ボディプレスの枠は叩き落すか地ならしの方が絶対にいい。

持ち物はよく分からない。行動保証があってエライ気はした。

いろいろ甘えたところがある個体だがナットレイというポケモンが強いので普通に活躍した。

対トリルではダイマックスすることが多い。

 

 

サマヨール

f:id:murasaki5682:20201002193116j:plain

特性:おみとおし

持ち物:しんかのきせき

性格:のんき

技構成:ナイトヘッド/サイドチェンジ/いたみわけ/トリックルーム

147(252)-*-179(100)-*-170(156)-27

備考:最遅

アシレナットサマヨのサマヨ枠。数値もドラパルトの珠ダイホロウ耐えの流用と適当。

おみとおしと耐久が強い。

サイドチェンジは味方の攻撃を受けるというよりは挑発を躱すために採用。使ってる側も択ゲーが始まるので出来れば使いたくない。

いたみわけはあまり構築に合っていなかったと思う。かげうち、挑発、手助けあたりが候補。

煮詰まっていないがサマヨールなので強かった。

 

 

ストリンダー

f:id:murasaki5682:20201002193141j:plain

特性:パンクロック

持ち物:磁石

性格:控えめ

技構成:オーバードライブ/ヘドロばくだん/バークアウト/まもる

151(4)-*-90-182(252)-90-127(252)

備考:キョダイ個体

アシレーヌが苦手な草タイプに強く、強力な範囲技を打てることから採用。環境にはロクな電気タイプがいないのでアシレーヌの敵は草タイプだけだと考えていた。アシレーヌが苦手なナットレイやパッチラゴンに勝てないので採用理由が破綻している。

出せた時は強いが耐久と素早さどちらも信用できずにあまり選出できなかった。

この枠を珠パッチラゴン(ウーラオスは黒い眼鏡)に変えた構築でサブロムは対戦していたが、5000位前後から抜け出せなかったのでメインロムは結局ストリンダーのまま対戦した。

煮詰め切れていない枠。

 

 

ウーラオス(いちげきのすがた)

f:id:murasaki5682:20201002193157j:plain

特性:ふかしのこぶし

持ち物:命の珠

性格:陽気

技構成:インファイト/あんこくきょうだ/ふいうち/つばめがえし

176(4)-182(252)-120-*-80-163(252)

備考:通常個体

かなり殺意の高いウーラオス。構築単位で重いナットレイを珠インファイトで粉砕する。

構築にダイジェットがないのは打開能力が低くなるのと思っているのでつばめがえしを採用している。守りたい場面も多かったので入れ替えるならふいうちだと思う。

ウーラオスの行動の後に特殊範囲技を使う機会が多いのでキョダイ個体ではない。

耐久を補強するため、ダイアークで特殊技を通すため、ダイジェットで切り返すため、ダイジェットで上から押し込むため、猫騙しを無視して行動するため・・・など様々な理由でダイマックスさせられた。ダイマックス率トップ。

世間ではダイマックスしないポケモンと思われているがダイマックスしても強かった。

命の珠を持っているので相手の想像以上の火力で崩すことができる。

これからはゴリランダー環境だと思ってH実数値を16nにしたらゴリランダーが世界から消えていた。今のルールではBかDに振った方がお得だと思う。

 

 

選出

基本選出

f:id:murasaki5682:20201002193358j:plainf:id:murasaki5682:20201002191942j:plain@2

アシレーヌの通りがいい時に

後続にはだいたいウーラオスがいる

対トリルには後発にナットレイを選出する

 

f:id:murasaki5682:20201002193358j:plainf:id:murasaki5682:20201002193556j:plain@2

ストリンダーの通りがいい時に

 

f:id:murasaki5682:20201002194632j:plainf:id:murasaki5682:20201002191942j:plain@2

ゲンガーが動き辛い時に

サマヨールにヘイトを集めてアシレーヌで雑に削っていく

ファイアロー軸でも選出する

 

立ち回り

範囲技で削って後発ダイマックスするorこごかぜ+ダイマックスで一気に圧力をかけていく。ほとんどのポケモンダイマックスしてもしなくても強いのでどのポケモンをどのタイミングでダイマックスさせるかを常に考えながらプレイする。中速よりのビートダウンなので止まったら死ぬと思ってとにかく負担がかかる行動を相手に押し付けていく。サマヨールを選出したときだけは少しだけ試合展開に余裕ができるがサイドチェンジとかいうクソ技が無限に択を発生させるのでむやみに見せないように意識して、一度のサイドチェンジで最大のアドバンテージを狙う。

 

苦手なポケモンや並び

ナットレイ

ウーラオス以外誰もナットレイを倒せないので最終的にウーラオスナットレイ対面を作るように立ち回ります。最悪の場合アシレーヌのダイストリーム連打で押し切ることも視野に入れます。なぜか全然ダイマックスされないので以外と勝てます。

 

ファイアロー

こごかぜゲンガーが腐りやすい上に挑発でサマヨールを止めてくるので非常に辛いです。炎技と飛行技も受けられないので早急に倒して追い風ターンを凌ぎ切りたいです。突然ダイマックスされると受けれなくなって負けます。

 

・ゲンガーより速いこごかぜ使い

ゲンガーを選出すると一方的に素早さ有利を取られるのでサマヨールでなんとかします。処理さえできればそこからこごかぜビートダウンに移っても良いのでファイアローほどは辛くないです。

 

・スカーフ水ウーラオス

上からゲンガーをワンパンしないでください。

 

マニューラ

上からゲンガーをワンパンしてきますがトリプルアクセル回避を祈ります。なぜか味方を殴ったりゲンガーの隣に猫騙しを使う人が多いのでなんとかなります。

 

モロバレル

胞子か守るの択を読み切って倒すか最速起床を祈ります。

 

極端に苦手なポケモンはいないので選出と立ち回りでなんとかなります。

 

終わりに

今シーズンはいつもとはかなり違うルールで適応できるか不安でした。そんな中で最終日の上振れもあり、なんとか2桁順位を達成できてとても嬉しいです。

今月は冠の雪原のDLCが来たり、伝説一体の公式大会があったりで新たな環境で対戦することができるのでしっかり考察して結果を残せたらいいなと思っています。

ここまで閲覧いただきありがとうございました。

この記事を読んだ感想や意見や質問、改善点などがあればTwitterまでお願いします。特になくても絡んでもらえると喜びます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

【剣盾ダブルS8最終57位83位】ドラパテラキスタンダード

S8お疲れ様でした。目標にしていた最終2桁を達成できたので簡単な記事を書こうと思います。

f:id:murasaki5682:20200802102514j:plain

 

シーズン結果

TNむらさき レート1969

f:id:murasaki5682:20200802102658j:plain

 

TNみかん レート1962

f:id:murasaki5682:20200802102614j:plain

 

構築経緯

鎧の孤島で多くの新ポケモンが解禁され、その中でも特にパワーがあると思ったテラキオンを軸に構築を組み始めた。テラキオンはとくせい正義の心を持っているため叩き軸で構築を組むことを考えたが使いなれない味方殴りを扱える自信がなかったこと、個人的にエルフーンの評価が低いことから断念。一応叩きを意識させることができてホロウビートができるドラパルトと並べることにした。残りのポケモンは何かと便利なトゲキッス、使ってみたかったゴリランダーとガオガエンを突っ込んで残り1枠で迷走し続けたが最終的にポリゴン2を採用し構築が完成した。

 

個別紹介

 

ドラパルト

f:id:murasaki5682:20200802110118j:plain

特性:クリアボディ

持ち物:命の珠

性格:ようき

164(4)-172(252)-95-×-95-213(252)

調整先が見つからなかったので攻撃と素早さに振り切った。

技構成は一致技のドラゴンアローとゴーストダイブ、あると便利なまもるまではすんなり決まったが最後の1枠をダイビングと空を飛ぶで悩み続けた。最終的にはセキタンザンが重すぎたのでダイビングになったが要検討枠である。

テラキオンと並べることで袋叩きを意識させる。トゲキッスやイエッサンがよく初手に出てきたので少しは効果があったと思う。

ダイマックス率は40%ぐらい。

 

テラキオン

f:id:murasaki5682:20200802112126j:plain

特性:正義の心

持ち物:気合の襷

性格:ようき

166-181(252)-111(4)-×110-176(252)

叩き軸以外のテラキオンはタスキが一番強いと思ったのでタスキで採用した。

ドラパルトと同じく調整先はなく攻撃と素早さに振り切った。

なぜか端数をBに降っていることが発覚した。上記のドラパルトと合わせてダウンロード対策をすべきだと思うが特に困らなかった。

技構成は一致技の中でも最も使いやすいインファイト、一致技且つ範囲打点の岩雪崩、あると便利なまもる、縛られている時に最後っ屁として使うてだすけを採用した。ストーンエッジが欲しい場面がたまに発生したが変更できる技がなかったので採用を見送った。

一応構築の軸として採用したが最初に思ったほどのパワーはなかった。

構築単位でフェアリータイプが重いのに岩雪崩は範囲技なので火力が低く感じることが多かった。それでもタスキの行動保証から無難な使いやすさだった。

ごく稀にダイマックスした。

 

ゴリランダー

f:id:murasaki5682:20200802122754j:plain

特性:グラスメイカ

持ち物:突撃チョッキ

性格:いじっぱり ダイマックス個体 

207(252)-194(252)111(4)-×90-103

使ってみたかった枠その1。ドラパテラキがが苦手にする水タイプやイエッサンに強いポケモンとして採用。

特殊ポケモンを相手する事が多いと思ったので突撃チョッキ。

耐久も火力も欲しかったので体力と攻撃に振り切った。

技構成はフィールドがなくても火力が出るウッドハンマー、採用しない理由がほとんどないグラススライダー、コントロールするときや終盤の詰めで使用する猫騙し、ナットレイが重いので馬鹿力を採用した。馬鹿力の枠は途中までとんぼ返りで使っていたがどちらも使わなかったので要検討枠。他の候補は10万馬力、はたきおとす、バークアウトなど。

ドラパテラキが荒らした時の後発での詰めとゴリラガエンポリ2でサイクルを回すときのどちらの選出にも参加する予定だったポケモン。メタが進んでいて思ったよりも選出できなかった。それでも選出できたときはグラスメイカーのフィールド奪取、味方の耐久補強、高火力先制技と縦横無尽の働きをしてくれた。

イエッサンを意識してSを下げたがもっと遅いイエッサンも多く初手にフィールドを取られると受からなくなるので調整した甲斐がなかったかもしれない。ダイジェットで加速した際に最速ドリュウズと同速になるのでS104の方がいい。遺伝させる個体値を間違えたが再育成が面倒だったのでそのまま採用した。

ダイマックス個体なのはキノコ集めが面倒だったから。一度だけダイソウゲンの火力が足りなくて負けた記憶があるがダイソウゲンのフィールド再展開が役にたった機会もあるので一長一短。

主にダイマックスすることになる相手はトリル軸でありダイマックス率はテラキオンより少し高い程度。

 

ガオガエン

f:id:murasaki5682:20200802131229j:plain

特性:威嚇

持ち物:オボンのみ

性格:ずぶとい

202(252)-121-156(252)-100-121(4)-78

使ってみたかった枠その2。前シーズンでゴリラガエンの並びを相手にしていて苦戦することが多かったので自分でも使ってみることにした。サイクルを回して後発ダイマックス展開もすることができる構築の潤滑油。

持ち物は耐久を補強できるオボンのみ、エースバーンを意識して体力と防御に振り切った。

相手のガオガエンのしたから行動するためにS個体値を下げた。上記の甘えたゴリランダーからSを遺伝したため無振りマイナス2となっている。

技構成はナットレイやゴリランダーを削る火炎放射、イエッサンブリムオンを意識してバークアウト、便利な猫騙し、デバフを撒きながらエースを降臨させる捨て台詞を採用した。火炎放射の枠は序盤は嫉妬の炎を使っていたが存在が認知されてきたことと火力が低すぎることが気になったので火炎放射に変更した。オーバーヒートでもいいかもしれない。

脳筋なのでガオガエンを使いこなせないと思っていたが予想以上に手に馴染んだ。

序盤から出して相手を弱体化してダイマックスをしのいだり、無理やりあと投げしてクッションにしたり、猫騙しで終盤の詰めに使ったりとにかく便利なポケモンだった。

ダイマックスは一度もしなかった。

 

トゲキッス

f:id:murasaki5682:20200802134810j:plain

特性:強運

持ち物:鋭い爪

性格:おくびょう

161(4)-×-115-172(252)-135-145(252)

ここまでの4体ではあまりにもドラパルトが重かったので採用、このゆびとまれを使えることによるギミック耐性も偉い。

ダイジェット1回でドラパルトを抜けるように最速、相手への負担を考えてとくこうへ振り切った。

技構成は一致技のマジカルシャインエアスラッシュナットレイが憎いことと指に吸われないことを評価してねっぷう、味方を守ったりギミック耐性にもなるこのゆびとまれを採用した。このゆびとまれはほとんど使わなかったのでまもるの方が使いやすいと思う。

火力に振り切って50%急所を振り回すトゲキッスの圧力が高すぎて使っていてとても気持ちがいい。

相手の想定以上の火力があるのかダイマックスするだけで受からなくなっていることもあった。

トゲキッスの割に柔らかいのでそこだけは意識して立ち回った。

サイクル選出した際はダイマックス枠の担当する予定だった。使い慣れてきてからは選出に関係なくダイマックスするようになった。ダイマックス率は50%ぐらい。

 

ポリゴン2

f:id:murasaki5682:20200802142100j:plain

特性:ダウンロード

持ち物:しんかのきせき

性格:おだやか

192(252)-×134(188)-126(4)-135(60)-81(4)

迷走し続けてきた最後の枠にごまかし兼後発の詰め筋として採用。

本構築で唯一ぶっぱじゃないポケモン。迷走してた枠がそれでいいのか。

グラスフィールドの恩恵を最大限受けるためにHを192まで伸ばして残りをいい感じに振り分けた。いろいろ耐えて便利だった。電磁波を採用したので素早さを落としていない。ダイジェットで加速させることや電磁波を使うことからSを84まで伸ばすべきだという話がある。ここまで伸ばすと麻痺した100族を抜けたりする。

技構成は一致技のトライアタック、トリル軸に出すことも多いので打点になるシャドーボール、強力な詰め筋になる自己再生、ごまかし技として電磁波を採用した。

序盤から出して電磁波で相手のエースを弱体化したり後発から出して詰め筋になったりする便利ポケモントリックルームの択も存在するため構築にいるだけで強い。

選出した時はデバフを撒いて詰めるか電磁波を撒いて雑に使い捨てるかよく考える必要がある。

 

基本選出

f:id:murasaki5682:20200603001756j:plainf:id:murasaki5682:20200802150323j:plain@2

ビートダウンできそうな時に選出

後続はその時に応じて通りのいいポケモンを選ぶ

 

f:id:murasaki5682:20200802150525j:plainf:id:murasaki5682:20200802150509j:plainf:id:murasaki5682:20200802150855j:plainf:id:murasaki5682:20200603202941j:plain

ぐるぐるしてトゲキッスを通せそうな時に選出

トリル系にも出す

初手は柔軟に

 

苦手なポケモンや並び

ダイマックストゲキッス

飛行とフェアリーの一貫がとんでもないことになっているのでトゲキッスで撃ち合うかポリ2でごまかしたりしてました。

・トノグドラ

誰も受からないのでトゲキッスを犠牲にドラパルトかゴリランダーでキングドラを倒したりしていました。後発にいるナットレイも重いのでかなり無理な選出や立ち回りを強いられます。

フシギバナコータス

トゲキッスしかフシギバナに打点がなく撃ち合うと負けるのでポリ2で電磁波を入れてダイマックスを枯らすかダイマックスを切りづらいようにして後発のトゲキッスダイマックスで切り返します。

・エースバーン

ガオガエンを使って死ぬ気でサイクルを回します。電磁波を入れることができるとなおよし。苦手意識はありますが意外と勝ち越してると思います。

ウォーグル

飛行技が受からない上に威嚇も効かずドラパルトも動きづらいのでかなり苦手です。周りのポケモンによって対応が変わります。トゲキッスで撃ち合うかタスキを盾に無理やりテラキオンで倒すかラムじゃないことを祈って電磁波を入れてました。一番苦手意識が強いポケモンですがテラキオンを見て出てこないことも意外と多く、出てきてもダイマックスされなかったりでそのおかげで何戦も拾いました。

・エースバーン+負けん気

素早く負けん気勢を倒して無理やりサイクルを回すか、エースバーンがダイマックスすることを祈って手助けダイストリームで倒して頑張ります。

・ドラパルト

同速お祈りかトゲキッスダイマックスか電磁波からの後発ダイマックスで頑張ります。

 

苦手とは書いていますがガン不利な構築はないと思うので前回の構築よりはかなりまともな構築になっていると思います。

 

終わりに

昔使っていたキュウコン軸は完成まで時間がかかったので新環境ですぐに結果を残すことができてとても嬉しいです。構築のことで気になることがあれば@murasaki5682にリプかDMしてください。特になくても絡んでもらえると喜びます。

これからもダブルバトルを楽しんでたまに結果を出せたらなあと思います。

ここまで閲覧いただきありがとうございます。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

【剣盾ダブルS6最終98位】アローラキュウコン軸初手ダイマックスVer4

S6お疲れ様でした。目標にしていた最終2桁を達成できてとても嬉しいので久しぶりにしっかりとした構築記事を残します。

f:id:murasaki5682:20200602213958j:plain


シーズン結果

f:id:murasaki5682:20200603202603j:plain

S6 最終レート1954(98位)


 

個別紹介

f:id:murasaki5682:20200601222104j:plain

臆病 C252-S252-B4 実数値:148-×-96-133-120-177

 

技構成は水タイプへの打点としてフリーズドライ、S操作として凍える風、エースを通すための嘘泣き、雑な削りと終盤の掃除を意識してふぶきを採用。

構築の出発点。

ふぶきを採用したことにより初手に出せない時にも後発から繰り出して終盤の掃除を担うことができる。

バンギラスを死ぬほど誘うので選出が読みやすい。

凍える風のs操作からロトムを通すのが基本プランだがアローラペルシアンより凍える風を考慮されていない気がしてならない。キュウコンは氷タイプなんですが。

ダイウォールを使いたいがためにダイマックスしたことがある。

 

f:id:murasaki5682:20200601224412j:plain

控えめ C252-H108-S148 実数値:139-×-127-172-127-125

最速バンギラス抜き

 

技構成はメインウエポンとなるハイドロポンプ、手助けと合わせていろんなポケモンを倒せるかみなり、サブウエポンの悪の波動、ダイウォールの元となるサイドチェンジを採用。

基本的に初手にキュウコンサマヨールと並びダイマックスして火力を押し付けていく。

ロトムが減ったのでいい感じに刺さって勝てることが多く気持ちいい。

ダイマックスできればとても強いが通常状態になると非常に困るポケモン

恐れずにかみなりを使う勇気が必要。

対バンドリは嘘泣きダイストリームで砂下のH振りダイマックスバンギラスがいい感じの乱数で倒せることを念頭に入れて立ち回る。

積極的にダイストリームを使ってかみなりの命中を補助したい。

 ダイマックス率圧倒的1位。

 

f:id:murasaki5682:20200602231228j:plain

のんきS0 H252-B132-D124 実数値:147-×-183-×-166-27

ドラパルトの物理珠ホロウを耐える

 

技構成は採用理由のトリックルーム、火力補助の手助け、安定打点のナイトヘッド、ドラパルトとミミッキュが重すぎたので処理ルートを増やすために影打ちを採用。

ニンフィアが重いのでB特化ではなく少しDに回して行動回数が確保できたらいいなみたいな適当な調整。

お見通しによる情報アドと圧倒的な耐久がとにかく強い。

基本的にヘイトを稼いで手助けを使うことによりロトムかドラパルトを通すことが多い。

 

 

f:id:murasaki5682:20200601232209j:plain

勇敢S28 H164-A252-B4-D84-S4 実数値:201-211-116-×-96-57

ドリュウズダイマックス技耐え メガネニンフィアのダブルダメハイパーボイス耐え

最遅60族抜かれ ナイトヘッド4耐え

 

技構成は一致技のドレマッパ、水タイプに打つためにかみなりパンチ、ドラパルトとトゲキッスに一貫する技として冷凍パンチを採用。

カビゴンを意識して素早さを57まで伸ばした。

耐久調整とS調整を行ったが役に立った記憶はない。

ニンフィアが重すぎてかみなりパンチを毒づきにしようと考えたがアシレーヌに押されて絶滅したと信じて見送った。

ずっと使い続けてきたが無難に強い。

サマヨールトリックルームからダイマックスすることが稀にあるが基本的に後発から繰り出して打ち合っていく。

構築で唯一ナットレイに打点を持つポケモンであるため渋々選出することになる。

 

 

f:id:murasaki5682:20200601233409j:plain

控えめ C252-H204-S44-B4-D4 実数値:189-×-96-167-96-168

Cに特化し最速100族抜き残り耐久

 

リザードンを倒すために雷、珠をロトムが持っているので控えめ+帯で採用。

安定打点としてシャドーボール、最高打点の流星群、セキタンザンに打ったり天候をとったりするためのハイドロポンプを採用。

手助け+ダイサンダーで大体のダイマックスリザードンが倒せる。

ミミッキュが重いのでキュウコンより遅い状態を維持して処理速度をはやめた。

アイアントとゲンガーは諦めた。

裏選出のダイマックス候補。

特殊型なのでシャドーボールで即座にゴースト打点を出せることが使いやすかった。

遅いのに珠ドラパルトの攻撃を乱数でしか耐えられない中途半端なドラパルトなのでドラパルトを見かけたらダイマックス権をロトムに譲る。

ヒヒダルマミミッキュの影打ちを意識して耐久を伸ばしている。

普通に控えめCSの方が使いやすいかもしれないと感じたがダメージ感覚がずれることを考えて個体の変更は行わなかった。

後発トゲキッスを後発ドラパルトの雷で倒すことになる欠陥構築なのでロトムで雨を降らしておくか命中70が当たるように日々お祈りしておきましょう。

 

 

f:id:murasaki5682:20200602234336j:plain

陽気 A252-S252-H4 実数値:131-142-100-×125-162

 

技構成はミミッキュを迅速にするためのシャドークロー、一致且つ最高打点のじゃれつく、水タイプと地面タイプを意識してウッドハンマー、削れたポケモンを倒すための影打ちを採用。

ミミッキュがとにかく重いのでミラーに強く出るために最速、火力が足りないので呪いのお札をもたせた。

前回の記事のトゲキッスから変更。

構築単位で重かったドラパルトとミミッキュに強く出ることができる型で採用した。

化けの皮による行動保証と先制技を使えることから後続から繰り出して安定して詰めていくことができる。

とにかく火力不足なので周りでしっかり削りを入れておきたい。

シーズン最終盤で突発的に採用されたポケモンなのでもっとしっくりくるポケモンがいるかもしれない。

 

選出

・基本選出

f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plain@2

キュウコンの凍える風から展開できそうな時に選出する。後発にはドラパルトを意識してミミッキュトゲキッスを意識してドラパルト(?)が選出されることが多い。

 

f:id:murasaki5682:20200402014156j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plain@2

サイチェントリルの択を見せながら手助けダイマックスを押し付けていく動き。猫騙しもちが初手に出てきそうな時やエルフーン入りに選出する。

 

・裏選出

f:id:murasaki5682:20200603001756j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plain@2

対晴れ軸やパッチラゴン軸などロトムが刺さっていない構築に出していく。

 

・対バンドリドラパキッス

f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plainf:id:murasaki5682:20200402014220j:plain@1

ドリュウズが砂かきだと確信できるなら

f:id:murasaki5682:20200402014156j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plainf:id:murasaki5682:20200402014220j:plain@1

有利マッチのはず。珠ロトムで一体ずつ踏み潰していく。詳しい動きは後述。

 

・対晴れ

f:id:murasaki5682:20200603001756j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plainf:id:murasaki5682:20200402014143j:plain@1

不利マッチ。キュウコンを出し入れしてフシギバナを弱体化しながらダイサンダーやダイストリームで押していく。最終的にキュウコンの吹雪連打で詰め切りたい。

 

・対トリル

不利マッチ。純正トリルとは上位ではマッチングしないと予想し対策は薄め。嘘泣きダイアーク、手助けダイホロウ、ダイアークナイトヘッドのどれかでサマヨールが大体倒せるので良さげな初手を選ぶ。トリル返しも視野に入れる。

 

・対エルフ軸

f:id:murasaki5682:20200402014208j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plainorf:id:murasaki5682:20200603001756j:plain@2

不利マッチ。トリル択を押し付けて頑張る。

 

対バンドリドラパキッスについて

キュウコンバンギラスを誘い構築全体でドリュウズを誘っていて2体が不利なローブシンに強いトゲキッスまでは確実に選出される。行動を決めておくことで一定の勝率が保証されている。

 

・対バンドリ+キッス@1f:id:murasaki5682:20200402013654j:plainf:id:murasaki5682:20200402013732j:plain

バンギラスに嘘泣きダイストリーム。7割ぐらいで勝ち。怯まないように祈りましょう。

大体バンギラスダイマックスしてくるのでワンパンして天候もとってそのまま凍える風でロトムを通していく。対バンドリドラパキッスの中では最も勝率が低いがそれでも7割ぐらいで勝てるので怯みを恐れずに押していく。

 

・対ドリュキッス+バンギ@1f:id:murasaki5682:20200402013732j:plainf:id:murasaki5682:20200603202941j:plain

まずドリュウズの特性を確認する。

砂かきなら大体キッス交代バンギラス出しなのでこごかぜストリームで雑にドリュウズを倒して天候を取りダイマックスバンギラスをワンパンできる体制をとり睨んだまま放置してローブシンで詰めることを目指す。処理優先はキッス>ドラパ>バンギ。キュウコンが怯んでくれると両縛りを維持できるので怯んだ方が美味しかったりもする。

型破りの場合はロトムを倒すためにダイマックスすることが多いのでこごかぜストリームが通ればそのまま押し切って勝ち。キッスがダイマックスしてきても速い弱点保険以外は問題ないはず。あくびもちは厳しい戦いになるがあくびがある時点でダイマックスできない(偏見)のでロトムを寝かせてもいいのでもう一体倒して4対2の盤面を作り後続で詰めていく。

スカーフ型破りドリュウズダイマックスキッスはかなり不利だがそもそも数が少ないので負けてもいいと考えていた。地ならし+ダイジェットorダイバーンをキュウコンに使ってくるのでキュウコンダイウォール+ロトムハイドロポンプドリュウズを処理して数的有利をとって押し切ることができるかもしれない。一度だけそのプランを通したが母数が少なすぎるのでよくわからない。

 

・対ドラパキッス@2f:id:murasaki5682:20200603001756j:plainf:id:murasaki5682:20200603202941j:plain

キュウコンを前にしてこのゆびとまれをしてくるキッスはいない(願望)のでドラパルトにこごかぜダイアーク。倒しそこねてもあられの蓄積や影打ちでフォローする。耐えられてこのゆびとまれでドラパルトを保護されると困るがドラパルトがダイバーンを持っていない限りバンギラスに交代することが多いので案外大丈夫。ダイバーンを使った場合は次のターンにロトムを倒すことがほとんど不可能なので普通にロトムを動かす。

 

苦手なポケモン

・ドラパルト

ダイアークと影打ちで頑張る

エルフーン

キュウコンでさくっと倒してトリル展開するかサマヨールで択ゲーする

・ジュラルドン

エルフーンと組んでるとマジで無理。勝ち方を教えて欲しい

フシギバナ

キュウコンの出し入れやダイサンダーで頑張る

・ピッピ

守るこのゆびサイチェンの択を全て当てて迅速に処理したい

・ブリムオン

トリルされた後に出てくると負け。トリルを止めるかミミッキュのダイフェアリーから展開してトリルを返す

ニンフィア

追い風もトリルも無理。ロトムで頑張って倒す

ミミッキュ

皮を剥がせばなんとかなる

アイアント

ロトムで倒す。手助けダイワームは知らない

・ゲンガー

頑張って影打ち圏内に入れる

 

苦手なポケモン多すぎ・・・?

 

おわりに

ここまで閲覧いただきありがとうございました。

アローラキュウコンが好きでずっと使ってきたので満足できる結果が残せて嬉しいです。

バンドリドラパキッス以外は不利マッチになる欠陥構築ですがアローラキュウコンが活躍するので良かったらレンタルして使ってください。

追加DLCの情報も発表され、環境が大きく変わるので新環境でも結果を残せるように頑張ります。

 

 

 




 

 

 

 

【INC May最終1740・149位】アローラキュウコン軸初手ダイマックスVer3

INC Mayもアローラキュウコンを使って戦ったのでその記録を残します。シーズン6の終盤までもこの構築を使用していました。f:id:murasaki5682:20200601215635j:image今回も過去記事の改良版なので詳しいことは過去記事を読んでください。(露骨な宣伝)

 

個別紹介

f:id:murasaki5682:20200601222104j:plain

臆病 C252-S252-B4 実数値:148-×-96-133-120-177

 

技構成は水タイプへの打点としてフリーズドライ、S操作として凍える風、エースを通すための嘘泣き、雑な削りと終盤の掃除を意識してふぶきを採用。

ふぶきの火力は物足りないがとても強かった。

 

f:id:murasaki5682:20200601224412j:plain

控えめ C252-H108-S148 実数値:139-×-127-172-127-125

最速バンギラス抜き

 

技構成はメインウエポンとなるハイドロポンプ、手助けと合わせていろんなポケモンを倒せるかみなり、サブウエポンの悪の波動、ダイウォールの元となるサイドチェンジを採用。

基本的に初手にキュウコンサマヨールと並びダイマックスして火力を押し付けていく。

ロトムが減ったのでいい感じに刺さって勝てることが多く気持ちいい。

恐れずにかみなりを使う勇気が必要。

 

f:id:murasaki5682:20200601231051j:plain

図太いS0 H252-B252-D4 実数値:147-×-200-×-151-30

最遅サマヨールよりはやい

 

技構成は採用理由のトリックルーム、火力補助の手助け、安定打点のナイトヘッド、公式大会だとマッチングが増えるであろう純正トリルに勝つために封印を採用。

適当にダイマックスしながら封印することで大体のトリル軸には勝てる。

 

f:id:murasaki5682:20200601232209j:plain

勇敢S28 H164-A252-B4-D84-S4 実数値:201-211-116-×-96-57

ドリュウズダイマックス技耐え メガネニンフのダブルダメハイパーボイス耐え

最遅60族抜かれ ナイトヘッド4耐え

 

技構成は一致技のドレマッパ、水タイプに打つためにかみなりパンチ、ドラパルトとトゲキッスに一貫する技として冷凍パンチを採用。

カビゴンを意識して素早さを57まで伸ばした。

耐久調整とS調整を行ったが役に立った記憶はない。

ニンフィアが重すぎてかみなりパンチを毒づきにしようと考えたがアシレーヌに押されて絶滅したと信じて見送った。

 

f:id:murasaki5682:20200601233409j:plain

控えめ C252-H204-S44-B4-D4 実数値:189-×-96-167-96-168

Cに特化し最速100族抜き残り耐久

 

リザードンを倒すために雷、珠をロトムが持っているので控えめ+帯で採用。

安定打点としてシャドーボール、最高打点の流星群、セキタンザンに打ったり天候をとったりするためのハイドロポンプを採用。

手助け+ダイサンダーで大体のダイマックスリザードンが倒せる。

耐久に振っているのでヒヒダルマの前で強気に動かすことが可能。

ミミッキュが重いのでキュウコンより遅い状態を維持して処理速度をはやめた。

アイアントとゲンガーは諦めたがゲンガーに何度もマッチングし心が折れた。

 

f:id:murasaki5682:20200601234035j:plain

臆病 H116-B4-C132-D4-S252 実数値:175-×-116-157-136-145

最速にして陽気ドリュウズアイアンヘッド耐えまで耐久に振り残りC

 

技構成はダイマックスしたときに使うエアスラとマジシャ、ギミック耐性と味方を守るためのこのゆびとまれ、火力補助の手助けを採用。

ダイマックスできるタイプのトゲキッス。だがダイマックスした時の圧力が低いので殆どしなかった。

火力も耐久も中途半端で使いづらかった。

 

結果

メインロムは死にました。

 

あとがき

 目標としていた1700を達成を達成できてとても嬉しいです。

もっと潜って1800を目指せる対戦数の消化具合でしたが心が弱いので戦えませんでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

【剣盾ダブルS5最終514位】アローラキュウコン軸初手ダイマックス改

S5お疲れ様でした。今回使った構築はS4を少し改良しただけなので簡単にまとめます。

f:id:murasaki5682:20200501153942j:plain

シーズンの途中は凍える風の襷潰し+S操作性能が強いと思ってニューラやユキメノコを使って負けまくったので最終日に使い慣れたキュウコン軸を使いました。変わってないところも多いので過去記事を参考にしてください。

murasaki-pokemon.hatenablog.com

 

個別紹介

f:id:murasaki5682:20200402023057j:plain

キュウコン@気合の襷 ゆきふらし

臆病CS フリーズドライ/凍える風/嘘泣き/オーロラベール

 

前回から変更なし。

ゆきふらしでS判定もできて何かと便利。

オーロラベールを全く使わなかったので変更してもいいかもしれない。

選出率は60%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402030940j:plain

ロトム@命の珠 浮遊

かみなり/ハイドロポンプ/あくのはどう/サイドチェンジ

控えめ C252-H108-S148 実数値:139-×-127-172-127-125

 

手助けで火力補助を行うことが増えたので10万ボルトをかみなりに変更。

刺さってる相手には凄まじく強いポケモン

今シーズンも多くのラプラスミロカロスを粉砕した。

選出率50%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234258j:plain

 サマヨールしんかのきせき お見通し

のんきS0 HB ナイトヘッド/手助け/トリックルーム/鬼火

 

努力値振りをHB特化に、ドサイドン対策に痛み分けを鬼火に変更。

鬼火で苦手なナットレイをごまかしたりもする。

保険ドサイドン対策ができてカビゴンに強く出れる黒い霧も使ってみたい。

選出率90%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234244j:plain

ローブシン@突撃チョッキ 鉄の拳

ドレインパンチ/冷凍パンチ/ かみなりパンチ/ マッハパンチ

勇敢S0 A252-H116-D140 実数値 :195-211-115-×-103-45

 

前回から変更なし。

フェアリータイプが多く動きづらい場面が多かった。

一番しっくりきてないがなぜか困ったら選出した。

選出率70%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200501163207j:image

(いい感じの画像がなかった)

 

ドラパルト@達人の帯 すり抜け

控えめ C252-H204-S44-B4-D4 実数値:189-×-96-167-96-168

Cに特化し最速100族抜き残り耐久

 

対晴れを意識してヌメルゴンから変更。

リザードンを倒すために雷、珠をロトムが持っているので控えめ+帯で採用。

安定打点としてシャドーボール、最高打点の流星群、セキタンザンに打ったり天候をとったりするためのハイドロポンプを採用した。

手助け+ダイサンダーで大体のダイマックスリザードンが倒せる。

もともと控えめCSで使っていたがどうせ晴れにしか出さないのでリザードンを抜けるところまででSを抑えて耐久を伸ばした。キュウコンより遅くなったので一応嘘泣きで補助することもできる。炎技がない上に遅いのでアイアントがさらに重くなった。炎技を採用するとすれば流星群の枠だと思う。選出率40%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200501162323j:plain

トゲキッス@ラムのみ 強運

臆病 H116-B4-C132-D4-S252

最速にして陽気ドリュウズアイアンヘッド耐えまで耐久に振り残りC

エアスラ/ マジシャ/このゆび/手助け

 

ニンフィアから変更。

技構成はダイマックスしたときに使うエアスラとマジシャ、ギミック耐性と味方を守るためのこのゆびとまれ、火力補助の手助けを採用した。

ダイマックスできるタイプのトゲキッスヌメルゴンがドラパルトになったことでフシギバナが重くなったのでラムのみで採用した。このゆび手助けでロトムやドラパルトを補助したりキュウコンの補助を受けてダイマックスエースになったりする構築の潤滑油。炎技が欲しい場面が多いが切れる技がない。選出率60%ぐらい。


シーズン結果

f:id:murasaki5682:20200502011250j:plain

 

あとがき

シーズン4に使った構築よりは使いやすくなったのでもっと対戦数をこなすべきでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
 

 

【剣盾ダブルS4最終218位】アローラキュウコン軸初手ダイマックス

 

S4お疲れ様でした。今回はS4で使用した構築について書いていきたいと思います。

f:id:murasaki5682:20200402003002j:plain


構築作成の流れ
S4から解禁され、個人的に好きなアローラキュウコンを使用するために構築を組み始めました。キュウコンを使う上で弊害となる炎と鋼に強い水ポケモンをエースに添え、壁を張って強いポケモンを考えた時に最初に思いついたのがローブシンだったためスイッチトリルの形になるようにローブシンサマヨールを採用し構築の軸としました。エースに添えた水ポケモンの迷走っぷりはアローラキュウコン考察記事を読んでください。

murasaki-pokemon.hatenablog.com

 残りの2枠にはリザードンを入れたりブラッキーを入れたりして迷走していましたが、晴れ軸を意識して採用したヌメルゴンが非常にしっくりしたので採用し、最後にスイッチトリルをする際の選択肢の増加と5体では非常に重いドラパルトを削りきるための電光石火を使えるニンフィアを採用し構築が完成しました。

 

選出

・基本選出

先発キュウコンロトムorヌメルゴン 裏サマヨールローブシンorニンフィア

キュウコンで補助してダイマックスエースを通す動きをしてトリルして詰める。猫騙し使いがいない構築には基本的にこれ。

 

・対バンドリf:id:murasaki5682:20200402013654j:plainf:id:murasaki5682:20200402013732j:plain

キュウコンロトムブシンサマヨ f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plainf:id:murasaki5682:20200402014220j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plain

ロトムで積極的にダイストリームを押してキュウコンのタスキを保護していく。ローブシンで詰めることを意識してトゲキッスを削っておきたい。ドラパキッスで出された瞬間負けるがだいたい初手か交換で砂を撒いてくるのでなんとかなる。呼び水が入っているバンドリはロトムが動きづらいがバンドリトリトドンみたいな出し方をしている時点でローブシンで勝てるので相手のダイマックスを枯らすように立ち回る。

 

・対晴れf:id:murasaki5682:20200402220501j:plainf:id:murasaki5682:20200402220407j:plainf:id:murasaki5682:20200402220513j:plainetc

キュウコンヌメルゴンサマヨ@1f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200401235615j:plainf:id:murasaki5682:20200402014208j:plain

キュウコンサマヨールヌメルゴンの火力不足をサポートする。ヌメルゴンを舐めた選出をよくされるのでヌメルゴンを雑に振り回して最後にローブかニンフを通す。ヌメルゴンだけで勝てることも多い。ヤミラミorエルフーン入りは脱出ボタンが負け筋になるので注意する。

 

・対雨

マッチングしなかったがロトムヌメルゴンを通せばいいと思う。

 

・対叩き

キュウコンロトム@2f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plain

こごかぜダイストでなんとかする。撃ち漏らしたときのためにローブシンがいると便利。

 

・対ラプラス

キュウコンロトム@2f:id:murasaki5682:20200402014143j:plainf:id:murasaki5682:20200402014156j:plain

ラプラスを放置して隣を倒し続けるか嘘泣きダイサンダーでラプラスをワンパンする。

 

・対トリル

かなり厳しい。この指トリルならキュウコン、猫トリルならサマヨから入ってなんとかする。補助なしトリルは嘘泣きダイアークで止める。フシギバナ入りには泣きながらヌメルゴンを出す。保険ドサイドンに誰も勝てないので起動させないようにする。サマヨールでトリルを返したり時間を稼いだりして頑張る。

 

個別紹介

f:id:murasaki5682:20200402023057j:plain

キュウコン@気合の襷 ゆきふらし

フリーズドライ/凍える風/嘘泣き/オーロラベール

調整:臆病 C252-S252-H4 実数値:149-×-95-133-120-177

 

構築の出発点。

技構成は水タイプへの打点としてフリーズドライ、S操作として凍える風、エースを通すための嘘泣き、打ち合いに強くなるオーロラベールを採用。

ゆきふらしによる定数ダメージが非常に強力で、嘘泣きと凍える風を使ってエースを補助していく。オーロラベールを使えると立ち回りに余裕ができるがロトムがダイストリームを使う都合上、使えるタイミングが限られている。ふぶきを採用していないので天候が変わることをあまり意識せずに動けるが、最後のにふぶきを連打して掃除する動きはできない。そのため、基本的には初手に出して雑に扱いながら後続につなぐことを意識する。ダイマックスできないポケモンと認識されていて猫騙しを非常によく誘う。環境にいる猫騙しのほとんどがガオガエンでしょみたいなノリだったので猫騙しした瞬間にロトムで破壊することで対策した気になっていたがいろんな猫騙ポケモンに止められて動き辛かった。水タイプを意識してフリーズドライを採用したが弱点をつけないと冗談みたいなダメージしか出ないので水タイプは他のポケモンに任せて冷凍ビームを採用する方が動きやすいと思う。選出率は90%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402030940j:plain

ロトム@命の珠 浮遊

10万ボルト/ハイドロポンプ/あくのはどう/サイドチェンジ

調整:控えめ C252-H108-S148 実数値:139-×-127-172-127-125

C特化、Hを珠ダメ意識の139にして残りをSに回し最速バンギラス+1とした。

 

本構築のエース。

技構成はメインウエポンとなるハイドロポンプと10万ボルト、サブウエポンの悪の波動、ダイウォールの元となるサイドチェンジを採用。嘘泣きにより火力補助を行うため火力が足りると思い、かみなりではなく10万ボルトを採用したが手助けによってロトムを通す場面も見受けられたためかみなりの火力が欲しい場面があった。

絶妙にたりない火力を補うために命の珠で採用。達人の帯も考えたが等倍打点で押していくことも多いので代用はできない。選出した際は基本的にダイマックスすることになる。構築で唯一ダイマックスドサイドンに勝てるポケモンなのでドサイドン入りには大切に動かす必要がある。そのため、サイドチェンジではなく守るを採用すべきだった。キュウコンの嘘泣きと合わせて多くのラプラスをワンパンしてイージーウィンを生み出した。選出率は60%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234244j:plain

ローブシン@突撃チョッキ 鉄の拳

ドレインパンチ/冷凍パンチ/ かみなりパンチ/ マッハパンチ

調整:勇敢S0 A252-H116-D140 実数値 :195-211-115-×-103-45

Aに特化し残りを総合耐久がいい感じに調整

 

壁下のローブシンは強いという5世代並みの考えで採用された残念なポケモン

技構成は一致技のドレマッパ、水タイプに打つためにかみなりパンチ、ドラパルトトゲキッスに一貫する技として冷凍パンチを採用。

一致弱点を突いてくるポケモン以外にはだいたい勝てるので困ったら選出することも多い。基本的に後発から出していくのでダイマックスすることは稀である。トリックルーム下で動かすことを意識して最遅で採用しているが、カビゴンの上から動きたい場面が何度かあったため少しSをあげた方が良いかもしれない。選出率は70%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234258j:plain

 サマヨールしんかのきせき お見通し

ナイトヘッド/手助け/トリックルーム/痛み分け

調整:のんきS0 H252-B92-D164 実数値:147-×-178-×-171-27

A172ドラパルトの珠ダイホロウ耐え残りD

 

個人的には最も信頼できるトリックルーマー。

後続から投げてトリックルームを展開するために採用。他のトリックルーマーでは耐久が足りない。

技構成は採用理由のトリックルーム、火力補助の手助け、安定打点のナイトヘッド、場持ちを良くするためために痛み分けを採用。

お見通しによって情報を得ることによって動きやすくなるのが非常に強力である。壁下のサマヨールの耐久は圧巻の一言で痛み分けによって詰め筋になることもある。選出率は90%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234311j:plain

ヌメルゴン@達人の帯 草食

流星群/ヘドロばくだん/かみなり/火炎放射

調整:控えめ C252-H108-B148 実数値:179-×109-178-170-100

Cに特化し残りを総合耐久がいい感じになるよう調整

A172ドラパルトの珠ダイドラグーンをだいたい耐える

 

晴れ軸に強い裏エース。

技構成は一致打点の流星群、リザードンや高耐久水への打点を意識してかみなり、フシギバナや4倍勢に打つ火炎放射、フェアリーが重いので誤魔化すためのヘドロばくだんを採用。ダイマックスが切れたあとかみなりを打たなければいけない場面が出てこないように立ち回る必要がある。

圧倒的な特殊耐久によりほとんどの特殊ポケモンには有利だが火力が少し足りないポケモン。構築のなかで一番弱点保険を持ってそうな顔をしているため、ダイウォールがなくてもダイマックスターンを使い切ることが比較的多い。持ち物は広い技範囲で火力不足を補え、持ち物がバレずらく弱点保険を警戒させることができる達人の帯。火力不足ゆえにミリ残しが多発するのであられで削るか先制技でフォローしたい。選出率は40%ぐらい。

 

f:id:murasaki5682:20200402234324j:plain

 ニンフィア@精霊プレート フェアリースキン

ハイパーボイス/マジカルフレイム/守る/電光石火

調整:冷静C0 C252-H164-B92 実数値:191-85-97-178-150-58

C特化、H191にして残りB。

 

トリックルームからハイパーボイスで相手を破壊するゴリラ姫。

技構成はメインウェポンのハイパーボイス、鋼タイプに打つマジカルフレイム、猫騙しからの集中を受けないための守る、何かと便利な先制技である電光石火を採用。マジカルフレイムは一度も使わなかったため割となんでも良さげ。あくびや破壊光線が候補。

火力は欲しいが守りたい場面が多かったので持ち物はプレート。電光石火の縛り範囲も広がっていい感じ。基本的にハイパーボイスを使うので特に言うことはない。削れたドリュウズアイアント程度ではトリルニンフは止まらないので恐れずに選出する勇気が必要。ごく稀にダイマックスしてキョダイマックスブリムオンを迎え撃つことがある。選出率は40%ぐらい。

 

苦手な構築

トリックルーム

時間を稼いで頑張る。

・ドラパルト入り

頑張って削り倒してトリルで頑張る。この指+ドラパルトと味方殴り保険はかなり厳しい。

アイアント入り

キュウコンで同速勝負してこごかぜ+ダイストするか甚大な被害を受けながらヌメルゴンで焼き払う。

 

シーズン結果

瞬間最高143位と最終218位を達成することができました。目標としていた2桁には届かなかったですが世間ではあまり評価されていないアローラキュウコンのポテンシャルを見せることができたと思います。サブロムは最終1764位でした。

f:id:murasaki5682:20200403232958j:plain

3月28日時点

f:id:murasaki5682:20200402003104p:plain

 

あとがき

初めて構築記事を書いたのですが想像の10倍ぐらい時間と労力を消費しました。

アローラキュウコンについて考察し、試行錯誤を続けることは大変でしたがとても楽しくもありました。この記事を読んでアローラキュウコンを使いたくなる方が一人でもいればとても嬉しいです。ここまで読んでいただきありがとうございました。次のシーズンは2桁到達目指して頑張ります!